• ホーム
  • 乾燥肌の救世主!保湿効果の高いヘパリン類似物質の特徴や使用上の注意

乾燥肌の救世主!保湿効果の高いヘパリン類似物質の特徴や使用上の注意

ヘパリン類似物質は保湿効果の高い美容成分として、乾燥肌の救世主になっています。保湿成分で最も有名なヒアルロン酸に似た構成を持っているので、保湿効果がかなり高くなります。ヘパリン類似物質はムコ多糖類に属しており、保湿成分が高いヒアルロン酸も同様で、構造がとても似ているので少ない水分量でも水分が保てます。これにより肌の保湿剤として用いられることが多く、乾燥肌対策にも効果的です。肌表面だけではなく角質層に浸透して肌を潤わせる特徴があり、この成分を含んでいる化粧品が数多く販売されています。

今も昔も肌の乾燥や保湿に悩んでいる女性は多く、特に年齢を重ねるごとに乾燥からくるしわやたるみなどにも注目します。現代は紫外線やクーラーなどによって肌が外的刺激を受ける機会が多くなり、ストレスでも肌状態が変化する時です。ヘパリン類似物質は保湿作用の他にも血行促進作用がありますし、皮膚自体の乾燥性症状を改善していきます。使用する部分の血行が促進され、血行障害によるトラブルを軽くすることができます。また乾燥肌治療成分としては長い歴史があり、50年以上も使われてきた成分です。

体内に存在しているヘパリンという物質に似ていることから、ヘパリン類似物質と呼ばれていますが、保湿や血行促進・抗炎症作用が主な働きになります。乾燥肌に対して優れた効果を発揮し、この3つの働きが肌の内側から新陳代謝を促します。肌表面につけるような一時的な保湿とは異なり、乾燥して荒れた肌に対して根本的な解決策につながる成分とされます。またヒアルロン酸は表皮の角質層まで行き渡りますが、ヘパリン類似物質は表皮の基底層までいきわたるので根本的な乾燥肌対策になります。保湿を繰り返しても乾燥する原因は、肌の表面しか潤っていないため本当の潤いになっていません。

肌の基底層から潤うことで真の潤いになるので、乾燥しにくく保湿効果が持続します。このような保湿効果の高いヘパリン類似物質ですが、使用上の注意もあるので気をつけます。この成分のは血液が固まらせない性質があるので、逆に流れやすくなります。出血しやすい持病がある人や、出血性疾患の人は利用を控える必要があります。出血がある傷や潰瘍・粘膜やびらんには塗らないようにし、健康な皮膚へつけるようにします。ヘパリン類似物質は最近は様々な化粧品へ配合されているので、自分の肌にあったものを見つけることができます。

関連記事
シワやたるみの要因になるので注意が必要!乾燥肌の原因と対策とは 2020年05月11日

乾燥肌はしわやたるみの原因になりますが、空気が乾燥する時期は特に肌が乾燥しやすくなります。冬場は空気自体が乾燥していることもありますが、暖房を使うことによって肌の水分がさらに蒸発していきます。夏場は汗をかきやすく肌表面は潤っていると考えられがちですが、汗でバリア機能が流されるので意外と肌内部は乾燥し...

妊婦がハイドロキノン配合のクリームを使用すると乳児に影響があるの? 2020年03月13日

ハイドロキノンは美白成分があり人気の成分ですが、色素細胞には毒性があることも知られています。妊婦が使用すると乳児に対して悪影響を及ぼす可能性があり、メラニン色素を生成するメラノサイトを減少させる作用のことを指します。妊娠をしていない女性にとっての美白ケアでは効果的で、必要なケアですが妊娠中にはリスク...

自宅でのオイルマッサージで手軽にアーユルヴェーダを!体の内側から美しさを高めよう 2020年04月16日

アーユルヴェーダのオイルマッサージは、エステサロンや専門店で施術を受ければリラックスできますが、自宅でも手軽に取り入れる方法があります。オイルマッサージの作用は体が潤い強くしたり、動きやすくなりますし、血流・リンパ・気持ちの流れをよくします。また様々な疾患にいち早く気がつけますし、便意を促進するので...

インドと日本ではアーユルヴェーダの施術内容やチャクラに違いがある? 2020年03月31日

アーユルヴェーダはインド発祥のトリートメント方法の一つですが、日本では顔にオイルをつけケアをするくらいのイメージがあります。本場インドのアーユルヴェーダと日本での認識の違いがありますが、インドにはオイルでケアをする方法以外にも、様々な種類の方法が存在しています。インド発祥の伝承医学ですが、中国医学や...

紫外線には気をつけて!トレチノイン配合のコスメやクリームを使用する時の注意 2020年02月26日

トレチノインが配合された化粧品は人気が高いですが、使用する時に注意する点もいくつかあります。トレチノインを使用しているときは、基本的に紫外線の影響をかなり受けやすい状態になっているので対策をしっかりととります。このケアができていないことによって、逆にシミを作ることになります。肌に優しい日焼け止めを使...